まぶたの状態によって適している施術が異なる

調べておくことは何か

鏡を見る女性

メリットとその効果を理解する

二重整形をするときには、費用がかかりますがそれぞれメリットがありますので費用以上のものを手に入れることができます。二重整形の場合には、まずいくつかある種類の中から選べるのがメリットの一つになります。例えば、比較的安い費用で自然な形の目にしたい場合には埋没法がよいでしょう。埋没法とは、糸で上まぶたの部分をつり上げて形を作る方法です。この方法は、施術自体が非常に簡単なため10分程度で終わってしまうことが多いです。それだけでなく、メスを入れる場合と異なり大掛かりな手術になりにくいのが特徴でしょう。費用も安く手軽に眼の形を変えたい人にとっては魅力的な方法の一つです。次に、切開法と呼ばれる昔ながらのやり方があります。二重にしたい場合でもよりはっきりとした形にしたい場合にはこの方法を考えるのがよいでしょう。この方法は、まぶたのところにメスを入れるのが特徴です。メスを入れることで、よりはっきりとした形にするわけですが埋没法とは異なり一度行うと元に戻ることはないのもメリットと言えるでしょう。つまり、一度理想的な眼の形にすれば何度も美容整形外科に通う必要はなくなります。それ以外にも、目じりや目頭を切開する方法もあり大きく見せることができるのがメリットです。

二重整形をする場合の効果は、そのやり方によって異なってきます。例えば、美容整形の中でも一般的になりつつある埋没法の場合ならば費用は安く気軽にできる方法になりますが、永遠にその状態が続くわけではありません。どのようにして二重にしているかといえば、上まぶたの部分にかなり細い糸を入れています。この糸は、体に害があるものではなく特に抜糸する必要もないため非常に便利といえるでしょう。効果が持続する機関は人によって若干異なるものの 1年から2年程度は長持ちするのが特徴になります。そのため、しばらくの間目の形を変えたい場合や長期的に眼の形を変えたい場合で安い費用がよい場合にはこのやり方が魅力的になります。ただ、効果は人によって若干異なりますのでその点はよく理解しておく必要があるでしょう。次に、切開法になりますが20万円以上の費用はかかるものの、半永久的に効果が持続するのが特徴といえます。なぜ半永久的に効果が持続するかといえば、メスを入れて形を整えるからです。糸を入れる場合と異なり、その状態が一生続くと考えてよいでしょう。ただ、年齢とともに形がきになってきた場合には多少修正することも可能になります。逆に、大幅に修正をする場合にはそれ何にお金がかかってしまう可能性もありますので、最初の段階によくカウンセリングを行い希望を伝えることが大事です。

Copyright© 2019 まぶたの状態によって適している施術が異なる All Rights Reserved.